「地盤工学会誌 」執筆要領

1992.9.1   制 定

1993.4.30一部改正

1994.2.23一部改正

1994.9.12一部改正

1995.6.13一部改正

1996.6.20一部改正

2000.3.8 一部改正

2000.4.25一部改正

2007.1.25一部改正

2007.11.7一部改正

2008.3.11一部改正

2010.2.8一部改正

2011.3.10一部改正

2011.11.7一部改正

2013.3.15一部改正

2013.10.18一部改正

 

 

 

   

 

公益社団法人 地盤工学会

「地盤工学会誌」編集委員会

 

1. 編集の基本方針

 「地盤工学会誌」は,会員に親しまれかつ役立つものとすることをその編集の基本方針としています。したがって,「地盤工学会誌」へ執筆される原稿は,読みやすく,会員に直接または間接に何らかの利益になるものであることが必要です。
編集委員会では,付表―1の登載区分に示すように,幅広い内容での自由投稿を随時受け付けていますが,次のいずれかの原稿は好ましくありません。

(a)内容について

  1. 過度の商業主義にわたるもの
  2. 自己宣伝の強いもの
  3. 単なる個人の興味によって書かれたもの
  4. 会員の常識をはるかに越える知識を前提とするもの

(b)表現・形式について

  1. 文章が難解なもの
  2. 論旨が不明確で,あいまいさの多いもの
  3. 特殊な用語(数式を含む)が多用されたもの

 投稿原稿は原則として未発表のものに限ります。ただし,既発表のものであっても新たな考察や検討が加えられているなど,原稿全体が既発表の著書と極めて酷似していなければよいものとします。また,既発表のものであっても編集委員会が有用と認めたものはこの限りではありません。

2. 登載する原稿の種類

「地盤工学会誌」へ登載する原稿は,主として

  1. 編集委員会から依頼する原稿(依頼原稿)
  2. あるテーマを設定して公募文により公募する原稿(公募原稿)
  3. 随時自由に投稿できる論文以外の原稿(自由投稿原稿)

    (特集号においても,そのテーマに直接関係しない自由投稿による原稿を登載することがあります。)

です。したがって,投稿は2,3 いずれでも自由にできます。

3.執筆者の資格

 公募原稿,自由投稿の執筆者は,本学会の会員(名誉会員,正会員,学生会員)に限ります(なお,依頼原稿の場合は,この限りではありません)。
共著の場合は,4名以内を原則とし,そのうち1名以上が会員であることを要します。(特殊な事情がある場合でも最大6名。ただし,目次には4名のみ掲載)。

 また, 自由投稿の掲載記事の公平性を確保するため, 同一グループ又は同一第一著者による単年度内(4月1日から翌年3月31日を指す)における

3回以上の投稿は,  緊急性があると判断されるものを除き, 原則として認めません。 

 

4.公募原稿・自由投稿原稿の概要提出について

 
  1.特集号への公募原稿の場合は,  A4判縦長の用紙に題名, 執筆者と連名者の氏名, 所属機関および連絡者を明記のうえ, 内容が理解できる2 000字程度の概要と,

   必要ならば図表等を添付しメールにて会誌編集委員会(E-mail:kaishi-genko★jiban.or.jp)あてに募集締切日までにお送り下さい。 <★を@ にかえて送信してください>
  2.自由投稿原稿の場合は,本原稿の執筆の前に,必ず「地盤工学会誌投稿原稿申込票」(付表-2)に概要(「論説」「報告」は2000字程度、それ以外の区分では300字程度。

   別に参考資料があれば添付)等を記し提出してください。
 編集委員会において内容を審査し,採用分については改めて執筆内容,提出期限等を付して原稿執筆の依頼を行います。なお,資料は全てA4判に統一してください。

 

5.審 査 

原稿には審査の段階で用いる投稿原稿と登載決定後に印刷用として提出していただく印刷原稿の2種類があります。
原稿はすべて編集委員会において,内容と表現・形式および総合評価の観点から審査し,登載の適否を決定します。審査の結果執筆者に対し,原稿の修正,加筆縮小等を依頼することがあります。なお,編集の趣旨に照らし,大幅な書き替え等を依頼すること,あるいはやむなく返却することがあります。その際,場合によっては「地盤工学ジャーナル」または「Soils and Foundations」への投稿を勧めることもあります。
また,自由投稿原稿については,編集委員会からの修正意見に基づいて検討された原稿を修正依頼日から,3箇月以内に学会へ返送いただけない場合には,投稿原稿を返却させていただくこともあります。

 

6.著作権について

 「地盤工学会誌」に掲載された著作物の著作者の権利のうち,当該刊行物の編集にかかわる著作権は地盤工学会に帰属し,個々の執筆部分の著作権と著作者人格権は執筆者に帰属するものとします。なお執筆者は,学会が第三者から複写に関する著作権利用の許諾申請を受けた場合および学会自らが「地盤工学会誌」以外に利用する場合(電子媒体による二次的利用を含む),これに関する著作権の行使を学会に許諾するものとします。また,これにより学会が著作権使用料等を得た場合は,学会の運営費に充当することを認めるものとします。ただし,執筆者自らが著作権を行使することは妨げません。

 

7.原稿料について

編集委員会から依頼した原稿のうち非会員の執筆者については,別に定める規定によって原稿料をお支払いします。

 

8.原稿の書き方

1.の編集の基本方針に沿って,原稿を執筆してください。また,「執筆の手引き」 をご参照ください。

 

9.原稿の提出先

すべての原稿の提出先は次のとおりです。

 

公益社団法人 地盤工学会 会誌編集委員会

E-mail:kaishi-genko★jiban.or.jp (★を@ にかえて送信してください)

〒112-0011
東京都文京区千石4-38-2
電 話 03-3946-8672
FAX  03-3946-8678

 

 

 

ドクターモグの地盤工学教室

shunちゃんの模型実験動画

地盤工学開始学会誌 電子版

地盤工学研究発表会

ダイバーシティ促進のための会費減免措置

プレミアム(終身会員)制度

アカデミックロードマップ

地質品質判定士協議会

寄付のお願い

バナー広告募集中

地盤工学会Facebook

地盤工学会YouTube


〒112-0011 東京都文京区千石4丁目38番2号 [MAP]

・電話: 03-3946-8677 総務担当(代表) ・FAX: 03-3946-8678(代表) ・メール:mail  [連絡先詳細]