Home 学会組織 調査・研究部
平成27年度新設委員会委員の公募(廃炉地盤工学委員会)

公益社団法人地盤工学会 調査・研究部

 
委員会名:福島第一原子力発電所廃止措置に向けた地盤工学的新技術と人材育成に関する検討委員会(略称:廃炉地盤工学委員会)
委員長 :東畑 郁生(地盤工学会会長)
主旨 :地盤工学は原子力事業の支援技術の一つとして,地下水流動予測や各種地盤改良工法等の技術を通じて被災した福島第一原子力発電所における諸課題の解決に寄与しているとともに,被災原子炉の廃止措置に至る今後の過程でも,汚染水対策やデブリ取出し・放射性廃棄物処分において重要な役割を果たすことができると考えられます.一方で,地盤工学・土木工学の専門家・技術者で原子力工学分野に精通している人材は少なく,廃止措置に貢献できる基本的技術を保有しているにもかかわらず,直接的な寄与ができていないのが実情です.このような背景から,本年度,新たに文部科学省「英知を結集した原子力科学技術・人材育成推進事業 廃止措置研究・人材育成等強化プログラム」に採択された『福島第一原子力発電所構内環境評価・デブリ取出しから廃炉までを想定した地盤工学的新技術開発と人材育成プログラム』(2015年度~2019年度)を遂行するにあたって,地盤工学会の日本全国に及ぶ広いネットワークを活用し,産官学の英知を結集するため,『福島第一原子力発電所廃止措置に向けた地盤工学的新技術と人材育成に関する検討委員会(以降:廃炉地盤工学委員会)』を設立しました.

廃炉地盤工学委員会では,中長期ロードマップに示された廃炉シナリオに対して,必要技術の抽出や既存技術の適用性・応用等,地盤工学技術の位置づけを明確かつ具体化し,個別基盤研究の開発成果を踏まえた,より実効性の高いと考えられる廃炉シナリオの構築を目指すほか,これらの技術を体系化し,原子力分野の技術者と協働できる新しい地盤工学技術者の育成プログラム「廃炉地盤工学」を構築する予定です.

つきましては,現在の廃炉地盤工学委員会メンバーに加え,さらに情熱のある会員を募り活動の拡充を図りたいと存じます.下記日程で新規委員を募集致しますので,なにとぞご理解の上,ご応募いただきますようお願い申し上げます.

 

◎募集期間:平成28年1月29日(金)~3月31日(木)

選考期間:平成28年4月1日(金)~4月30日(土)


◎応募資格

地盤工学会の個人会員であること(入会手続き中を含む)。入会手続きについてはこちら→入会について


◎応募方法
 下記必要事項をテキストファイル等に記載のうえ,平成28年3月31日(木)までに申込み・問い合わせ先メールアドレス宛にお送り下さい.

(1)    氏名
(2)    会員番号(手続き中の方は入会申込日・初回会費入金日を記載)
(3)    所属・役職
(4)    生年月日
(5)    連絡先住所,電話番号,FAX番号,E-mailアドレス
(6)    過去5年間の主な業績(論文発表など)
(7)    本委員会におけるご自身の参加動機と活動予定の概要

 

◎申込み・問合わせ先

地盤工学会 「新設委員会委員公募」係

このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください   TEL 03-3946-8673

(1)   氏名

(2)   会員番号(入会手続き中の方は入会申し込み時の受付番号または申込日を記載)

(3)   所属・役職

(4)   生年月日

(5)   連絡先住所,電話番号,FAX番号,E-mailアドレス

(6)   過去5年間の主な業績(論文発表など)

(7)   本委員会におけるご自身の参加動機と活動予定の概要

 

ドクターモグの地盤工学教室

shunちゃんの模型実験動画

地盤工学開始学会誌 電子版

地盤工学研究発表会

ダイバーシティ促進のための会費減免措置

プレミアム(終身会員)制度

アカデミックロードマップ

地質品質判定士協議会

寄付のお願い

バナー広告募集中

地盤工学会Facebook

地盤工学会YouTube


〒112-0011 東京都文京区千石4丁目38番2号 [MAP]

・電話: 03-3946-8677 総務担当(代表) ・FAX: 03-3946-8678(代表) ・メール:mail  [連絡先詳細]