Home 規約類・倫理綱領 『君ならどうする?-建設技術者のための倫理問題事例集-』
『君ならどうする?-建設技術者のための倫理問題事例集-』

A5判  62頁  H15.6発行
会員特価 525円(本体 500円) 定価 735円(本体 700円) 送料 400円

2003 年2月1日、スペースシャトル「コロンビア」は、大気圏突入後、米国東部上空で空中分解して7名の宇宙飛行士が帰らぬ人となった。この衝撃的な事故の中継 をテレビニュースで見たとき、多くの人々が17年前の1986年1月28日に起きたスペースシャトル「チャレンジャー」の悲劇を想いおこしたにちがいな い。あのときには世界中の人々が輝かしいチャレンジャー号の打ち上げの様子を、テレビ中継で見守っていた。乗務員の一人である女性高校教師のクリスタ・モ コーリフの教え子たちがテレビ画面に見入っている様子も映し出されていた。その直後、宇宙に向かう「チャレンジャー」の爆発事故が画面に鮮明に映し出され たときの衝撃は、まだ世界の人々の記憶に新しいのではあるまいか。事故直後直ちに調査委員会が編成されて飛散した機体の回収が進められ、直接原因はもちろ んのこと、組織の欠陥にいたるまで徹底的な調査が行われた。その結果、明らかにされた一つの大きな問題点は、NASAの事業を担当していた企業・MT社の 一人の技術者ロジャー・ボイジョリーが、事故の可能性を危惧して打ち上げの中止を提言していたのに、それが生かされなかったことである。技術者の倫理を語 るとき、この「チャレンジャー」の事故は、必ずといっていいほど取りあげられる。それはなぜか?
私たち建設技術にかかわる科学技術者は、それぞれの関係分野の専門職(profession)として創意工夫と努力によってこの分野の技術レベルを上げ、 公衆の信頼の下にそれを社会に生かす義務がある。同時に、その技術の行使に際しては、高い倫理観が求められる。どんな高度な科学技術も、使い方が問題とな るからだ。また最近では、科学技術者の倫理観の欠如や低さからくる事故や不祥事も多発している。加うるに科学技術基本計画や日本技術者教育認定機構 (JABEE)の教育要求水準・APEC Engineerの登録などでは、技術倫理を身につけることが要求されている。こういった点をふまえ、地盤工学会では、2002年5月に従来の定款などを もとに、建設技術にかかわる技術者・研究者・教育者が日常業務上の指針とすべき「地盤工学会倫理綱領」を制定した。
倫理観は社会生活をおくる上ですべての人間が当然備えているべきものであるが、倫理に関する理解と行動には個人差がある。しかし、地盤工学という技術を 扱う専門職として守っていくべき技術倫理があるはずで、地盤工学会ではそのガイドラインとして「地盤工学会倫理綱領」を定めた。この倫理綱領は身近なもの としてもらうことをねらって、極めて簡素な記述となっている。だが現実には、幅広くいろいろのケースで倫理観が問われる。したがって倫理綱領を補完する意 味もあって今回、『地盤工学に関わる倫理事例集』を作った。本書は技術者の鑑ともいうべき八田與一についての物語の第一部と事例集の第二部からなり、後者 はさらに12の事例と三つのエピソード、紙面各所に散りばめた五つの倫理事件簿から構成されている。一人の科学技術者として、どのように行動すべきかを考 える際の参考になればとの思いで作られた小冊子である。事例数も少なく広範囲を網羅しているわけではないが、技術倫理を考え、それを日常業務に生かしてい くうえでの糸口として利用していただければ、幸甚である。

平成15年6月

「君ならどうする?」-建設技術者のための倫理問題事例集-編集委員会

 

ドクターモグの地盤工学教室

shunちゃんの模型実験動画

地盤工学開始学会誌 電子版

地盤工学研究発表会

ダイバーシティ促進のための会費減免措置

プレミアム(終身会員)制度

アカデミックロードマップ

地質品質判定士協議会

寄付のお願い

バナー広告募集中

地盤工学会Facebook

地盤工学会YouTube


〒112-0011 東京都文京区千石4丁目38番2号 [MAP]

・電話: 03-3946-8677 総務担当(代表) ・FAX: 03-3946-8678(代表) ・メール:mail  [連絡先詳細]